サーフィン

ウィンドサーフィン

サーフィンは高くうねった波に乗るマリンスポーツです。
それに対して、ウィンドサーフィンは風を受けて波間を滑るスポーツです。
ヨットとサーフィンを組み合わせたものと言えるでしょう。
風を受ける部分をセイルと言います。
ウィンドサーフィンは1967年に発明されました。
当時の呼び名はボードセイリングでしたが、その後ウィンドサーフィンが正式名称となりました。
ボード上で接続したリグを立てて、そこにつけたセイルが風を受けます。
風の強さによって、かなりのスピードが出ます。
理屈上は、セイルの風圧中心とボードの側圧中心が垂直になると、直進することになります。
方向転換は、その中心位置を変えることによって可能となります。
ボードの幅は1m程度、長さは3m程度です。
もちろん、それらのサイズは風と波の状況に合わせて、組み合わせます。
中級者以上のテクニックを持っていれば、時速50km以上のスピードを出せるようです。
世界のトッププロの最高記録は時速76kmでした。
オリンピックの種目としても登録されています。
オリンピックで行われる場合は、競技者全員が同じメーカーの同じ製品を使用することになっています。
道具が違えば、成績が大きく変わるからでしょうか。
ウィンドサーフィンを見ていると、なかなか気持ちよさそうですね。
サーフィンの場合は波が高くないとだめですが、ウィンドサーフィンなら風があればいいのです。
海にはたいていの場合風がありますから、いつでも楽しむことができるのです。

 ウィンドサーフィン 

SEO対策 CRANEI
SEO対策 KEN SEO 勉強会
SEO対策 KenNavi