サーフィン

サーフィンについて

サーフィンは誰でもが知っているウォータースポーツです。
いわゆる波乗りですね。
サーフボードの上に立って、波の斜面を滑走するスポーツです。
サーフィンの原型は西暦400年ごろには存在したと言われていますが、はっきりしたことはわかっていません。
高度な航海術を持っていた古代ポリネシア人が波に乗る術を知っていたと言われています。
古代文化の研究によって、ポリネシアの広い海域でサーフィンが行われていたことがわかっているのです。
日本にも「板こ乗り」と言うサーフィンに似たものがありました。
一般的なサーフボードは3メートル弱ボードです。
サーフボードの長さは、だんだんと短くなり、5フィート近辺が現代の主流となっています。
サーフィンのスタイルによって、ボードの形状や長さは変わります。
大波乗りの場合は短いボードが適しているようです。
材質は発砲ウレタンフォームが主流です。
ボードの裏にはひれ状のフィンが付いています。
初期のころは1本でしたが、現在では3本が主流になっています。
4本や5本のボードも使用されています。
サーフィンを楽しむためには波がなければなりません。
天気予報と同じように波情報があります。
携帯電話のサイトなどで普及しており、サーファーたちはこの波情報を基に、サーフィンの準備をするのです。
最近はツイッターなどが登場しましたから、リアルタイムな情報も簡単に入手できるようになりました。
国内でサーフィンを楽しむ人も多いですが、外国まで出かける人も少なくありません。

 サーフィンについて 

SEO対策 CRANEI
SEO対策 KEN SEO 勉強会
SEO対策 KenNavi