サーフィン

サーフィン競技

サーフィンを競技として見た場合の話です。
世界的な大会はありますが、その判定はどのように行われているのでしょうか。
感覚的にはフィギュアースケートの採点と同じような形です。
既定の技が決められており、それをクリアすることが一つの条件です。
また、波に乗る時の姿勢やタイミングなどの技術力が採点の対象となります。
プロサーフィンにおいても厳密なルールが決められているのです。
もちろん、競技ではなく、単にサーフィンを楽しみたいと思っている人も多いことでしょう。
自分がどのようなことをサーフィンに求めているかによって、見方が変わってくるのです。
世界のサーフィン人口はどれくらいいるのでしょうか。
他の競技と比べるとマイナーなスポーツであることは間違いないでしょう。
ウィンドサーフィンがオリンピックの競技となっているのですが、サーフィンはオリンピックにはありません。
その特徴として波が必要だからです。
大会の日程は波の状態を見るために、数日の予備日が設けられています。
毎日、同じ波が発生することはありえないからです。
したがって、競技の時も同じ波に乗っているわけではないのです。
そこが協議の採点を難しくしているのかもしれませんね。
複数の競技者が同時に波に乗っていますから、相互に妨害することを避けなければなりません。
妨害したならば減点の対象となるのです。
ルールは少しずつ改正されています。
競技として完成度を高めるための判定基準となっているのです。

 サーフィン競技 

SEO対策 CRANEI
SEO対策 KEN SEO 勉強会
SEO対策 KenNavi