サーフィン

サーフィンの歴史

サーフィンの歴史を少し紹介しましょう。
サーフィンが競技として認められるようになったのは近年のことですが、板の上に乗って波間を潜り抜けると言う動きはかなり古くからあったようです。
海洋民族として知られている古代ポリネシアの人たちのライフスタイルだったのです。
彼らはコロンブスやマゼランが登場するもっと前から、大洋を航海していました。
高度な技術を持っていたと考えられているのです。
有名な道具の一つとしてカヌーがあります。
カヌーは木製ですが、水の上でうまくバランスを取ることができるものです。
そして、軽量ですから海の上を滑るように進んでいくのです。
波や風を利用して海の上を移動する手段として、サーフィンがあったことは間違いありませんね。
しかし、スポーツとしてサーフィンが確立するためには、使用する道具の共通化が成立しなければなりません。
多くの人がその良さを認めることが必要なのです。
ハワイの高波に乗るサーファーたちが登場したのは20世紀になってからです。
そのころは若者の遊びと捉えられていましたが、海岸で遊ぶ人たちの救難活動などを行ったことがきっかけとなり、サーフィンの社会的地位が高まったと言われています。
それから、時代は変わり、サーフボードも高性能になりました。
しかし、ボードの形状は変わっても必要とされる技術はほとんど変わっていません。
国際的な競技大会も開かれるようになり、サーフポイントが注目されるようになったのです。

 サーフィンの歴史 

SEO対策 CRANEI
SEO対策 KEN SEO 勉強会
SEO対策 KenNavi