サーフィン

ドライスーツとサーフィン

サーフィンをする時には怪我防止や防寒のためのスーツを着用するのが一般的です。
その中でもドライスーツは冬場のサーフィンには欠かせません。
ドライスーツとはどのようなものでしょうか。
これはウェットスーツの一種ですが、防水タイプのスーツです。
つまり、体が濡れないと言うことです。
体温の保温効果が高いため、冬でもサーフィンを楽しめるのですね。
セミドライと言われるタイプは完全な防水ではありません。
そのため、だんだんと体温を奪われていきます。
もちろん、ドライスーツだけでは十分な防寒は無理ですから、インナーを着ることが一般的ですね。
薄い生地でも暖かいですから、動きやすくサーフィンに集中できるのです。
また、着替える時もインナーは濡れていませんから、寒さに凍えながら着替える必要はありません。
一般的なドライスーツであれば、4,5年は使用できます。
ドライスーツの生地はそれほど厚くありません。
インナーの上に着用することを前提としているからです。
ドライスーツの欠点は足の部分に空気が溜まってしまうことです。
このため、ワイプアウトで海中に放り出されると、足が上、頭が下の状態になってしまいます。
これは非常に危険な状態と言えます。
これを防ぐためにはエアー抜きをする必要があります。
エアー抜きの方法をマスターしてから、ドライスーツを利用するようにしましょう。
また、ファスナー部分も防水になっていますが、壊れてしまうと冷水が一気に入ってきます。
急激に体が冷えることになりますから、これも注意しなければなりません。

 ドライスーツとサーフィン 

SEO対策 CRANEI
SEO対策 KEN SEO 勉強会
SEO対策 KenNavi