サーフィン

サーフィン用語

サーフィンのサイトを読んでいると、しばしば意味不明の言葉があります。
サーファーなら常識の言葉でも、サーフィンをしない人にとっては良くわからないのです。
その中からいくつかの言葉を紹介しましょう。
「厚い波」とは波の面が緩やかで崩れにくい状態のことを表現したものです。
比較的サーフィンがしやすい波のことだと言えます。
インサイドとアウトサイドは岸からの距離を表します。
インサイドが岸の近くで、アウトサイドは遠いところとなります。
インターフェアはスポーツ用語でもありますが、他のサーファーの進路を邪魔してしまうことです。
マナー違反ですね。
ウィンディーは風が強い状態のことですが、あまり風が強くてサーフィンがやりにくいことを示します。
エアリアルやエアボーンは空中で行う技の総称です。
波から離れるところがポイントです。
クレストは波の頂点のことです。
ゲッティング・アウトはボードを漕いで沖に出る動作ですね。
浅いところではサーフィンができませんから、そのようなことになるのです。
寒いところでサーフィンをしていると耳が聞こえなくなることがあります。
これがサーファーズイヤーと呼ばれる症状です。
外耳炎になりやすくなりますから、注意が必要です。
サーフトリップはサーフィンをするために世界の各地へ旅行に出かけることです。
サーフィン修行の意味でも使われるようです。
波に巻き込まれることをサックアウトと言います。
どの言葉も外国で使われていたものをカタカナにしたものです。

 サーフィン用語 

SEO対策 CRANEI
SEO対策 KEN SEO 勉強会
SEO対策 KenNavi